40代からの博士課程留学

41歳でオーストラリア・メルボルンで博士課程留学(社会学)を始めた自分、現地小学校に通う子供のこと、家族での海外生活などを綴る。

ANZ学会のペーパ再提出、博論の見直し

今週は火曜日に日本語論文を提出した後、ANZ学会のカンファレンスペーパーの改訂を行い、木曜日に再提出。先週の指導教官とのミーティング内容を受けて、私がUpdateした内容をさらに指導教官が上書きして提出。

 

fourty.hatenablog.com

 

指導教官の文章は、論文そのものについても洗練されているけど、レビュアーに対する返信もカッコよくて勉強になる。全てが新しい経験なので学ぶことがたくさん。自分では良いと思っていてもまだまだな事ばかり。最後の追記、この論文はBullshitだというレビュアーの追記に対して、私の文章よりもダイレクトにすっきりまとめられていて胸がスカッとした。もともと書いていた「the revier's personal impressions」の表現をそのまま使ってもらえて嬉しい。

 

私の文章:As this is the reviewer’s personal impressions, no specific action is required.

指導教官の文章:We do not agree with the reviewer’s personal impressions.

 

やっとサイドワークが片付いたので、博論の方に向き合える。Discussionを書き始めたいと思ったけど、私が思っているDiscussionと指導教官が思っているDiscussionが違うことに気が付いたので、そもそもDiscussionとは何ぞや、を勉強することに(今更?)。急がば回れ作戦。

 

Youtubeで参考になりそうな動画をいくつか選んでみていたら、理解が深まってきた。当たり前かもしれないけど、Discussionを理解するためには、その前に書くFindings(もしくはResults)に何を書くべきかを理解する必要がある。これらのビデオはそのあたりを整理するのに役にたった。

 


www.youtube.com


www.youtube.com

 

私はFindingsのチャプターにDiscussionの要素を入れてしまっていたがために、Discussionのチャプターが明後日の方向に行ってしまったのかもしれないと思った。Findingsから見直すことにした。データをdescribeしてpresentすることにフォーカス、データを基にした考察やLiterature reviewと紐づけたような文章はすべて抜き取った。またFindingsのチャプターを改めて読んでみると重複がまだまだ多いし、Research questionsやaimにダイレクトに紐づかない(でも自分としては重要と思っている)データを沢山入れてしまっている。これらをバッサリと削除したらかなりすっきりした。

 

なんだか自分の博論が新たなフェーズに入ってきたように思う。ジャーナルへの投稿論文や学会のペーパー発表を経験して、博士課程での研究が深まってきたと思っていたけど、まだまだ全然だということにも気が付けた。博論自体が独立した一つの作品なので、各章の位置づけを明確にし、何をどこに書くべきか、全体のストーリーは何なのかをはっきりとさせなければならない。しかしこれがまだはっきりとしていない。

 

博士課程の研究を通じて得たデータで投稿論文は書けるけれど、それと博論は別物なんだと気が付いた。しばらく博論に集中したい気分。というか、集中しないととてもじゃないけどあと半年弱で終われない。博士課程を切り出した投稿論文や学会発表は一旦休もうと思う。次にやるとしたら博士論文を提出した後。もちろん今仕掛中の2件は何とかしないといけないけど。3年目の審査まであと2か月少ししかないので焦る。

 

でも博論だけの毎日にもしたくない。残り少ない貴重な学生生活も楽しむつもり。日本に帰ったら仕事まみれになりそうだから。オーストラリアからもうすぐ離れるなんて、寂しいなあ。来週から2週間、小学校の春休み。最初の1週間は私も休みを取る。といっても、木曜日は急遽エリザベス女王を悼む祝日となり、金曜日はAFLの決勝関連での祝日なので、カレンダー的には月~水の3日間有給をとるだけだが。

 

今週は水曜日の夕方に大学でイベントがあったので、息子2人を連れて行った。1つ目は家族連れの留学生の交流会、2つ目は水曜日恒例のフリーBBQとフリーBeerに音楽のイベント。子供を連れて行っても変な顔されず、子供たちにもちゃんとジュースとBBQをくれた。もちろん私はビール。大学で飲むFree beerは最高。

 

最近家族向けのイベントが定期的に開催されていて、10月はMelbourne Zooへの遠足(家族分の入場料やスナックなどの費用も全部大学持ち!)、11月はキャンパス内でプチ遊園地+お祭りがある予定。どちらも楽しみ。博論がんばろう。

留学生交流会でのお土産